FGO

    1: 名無し@まとめ ID:C09Fnase0

    女体化での実装にドン引きの声多数

    6月29日には、期間限定イベントの主要人物としてサーヴァント「曲亭馬琴」が実装されることに。元ネタの曲亭馬琴は江戸時代に活躍した作家であり、その代表作である『南総里見八犬伝』が宝具の名前に採用されていた。

    問題は、そんな新キャラの見た目が女性だったこと。当然、史実における曲亭馬琴は男性だった。実はそのカラダは馬琴の息子の妻だった“お路”のものらしく、彼女の人格が残っている一方、馬琴の意志が強くなることもあるようだ。

    そうした設定をめぐって、一部のユーザーは生理的に拒否感を抱いてしまったようだ。

    ネット上では、《息子の嫁の身体に憑依って気色悪い》《今回のFGOは馬琴が気持ち悪かった。息子の嫁の身体を使うとかねーわ》《息子の嫁が若かったころの身体を使うのシンプルにキモい…》といった声が上がっていた。

      


    【元スレ】

    http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1657763701/0-
    【FGO「うーん、こいつ男なのに女って設定にするの難しいな……そうだ💡」】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:y+Wv11e10
    ・ウマ娘のパクリキャラ出す
    ・生前関係ないサーヴァント同士の恋愛
    ・ボスポジションの敵も生前の夫出して恋愛&ギャグノリで雑にイチャイチャさせて解決
    ・上記以外でもシリアスなシーンでいちいちしょうもないギャグ挟んで滑る
    ・人気キャラがあっさり死亡
    ・男出しまくった露骨なまん媚び
    ・出てくるキャラが無駄に多くて尺が足りずいきなりかっこつけて死ぬ


    もう終わりだよこのソシャゲ

      


    【元スレ】

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1654252359/0-
    【【悲報】FGO、まーた売りのはずのシナリオが酷評されてしまうwvwv】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:HhnCPkmE0
    Fate/Grand Order と Seiko がコラボレーションした「オリジナルサーヴァントウォッチ」
    第3シリーズ 待望の新作として「フォーリナー/葛飾北斎」が登場!
    江戸を代表する天才浮世絵師のイメージを、日本を代表する老舗時計ブランドであるSEIKOが再現致しました。

    ■江戸を代表する天才浮世絵師のイメージを時計で再現
    葛飾北斎モデルでは、その特徴的な着物の柄や色合い、和のテイストを、本体デザイン・黒と赤を基調とした革バンドによって忠実に再現。
    創作に励む彼女の粋なこだわりを感じられるモデルとなりました。

    ■サーヴァントの個性を表現した盤面デザイン
    彼女のイメージである紫紺と赤を基調とした配色をベースに、代表作の波と富士のモチーフを配置した個性的な盤面デザインに仕上げました。
    盤面上部ではとと様が見守ってくれています。また、風防のガラス面には波しぶきから飛び立ったツバメがレイアウトされています。

    ■大筆のオリジナル針
    センター針には彼女の第一、第二再臨で持つ大筆を採用。振り下ろしたその渾身の筆鋒が、時を刻みます。

    no title

      


    【元スレ】

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1654068091/0-
    【【朗報】FGOさん、「葛飾北斎」をイメージしたSEIKOの時計を発売】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:pgpjQcc9d

    no title


    🤮

      


    【元スレ】

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1654159406/0-
    【【悲報】FGO、ガチのマジでキモすぎるキャラを実装してしまい炎上】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:2p9y+e4r0
    敵の設定強すぎるし勝ったところでどうにもならないって言われてるし次のストーリーで誰か仲間死ぬの確定してるし

    ゲームはクソだけどこっからどうハッピーエンドに持ってくのか気になるから続けてる

      


    【元スレ】

    http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1653992792/0-
    【FGOほどストーリー詰んでる作品もそうそうないだろ】の続きを読む

    このページのトップヘ