遊郭編

    1: 名無し@まとめ ID:CAP
    2021年12月14日
    まいじつエンタ

    『鬼滅の刃・遊郭編』第2話に豪華声優が集結! 起用理由はスキャンダル対策?

    TVアニメ『「鬼滅の刃」遊郭編』(フジテレビ系)のキャスティングが、大きな話題を呼んでいる。12月12日に放送された第2話『遊郭潜入』にて、メインキャラクターではない人物に豪華すぎるほどの声優が抜擢されていたのだ。

    ※『鬼滅の刃・遊郭編』最新話の内容に触れています

    音柱・宇髄天元の命令により、竈門炭治郎、嘴平伊之助、我妻善逸の3人は従業員として遊郭に潜入することに。女装した彼らは鬼を見つけるべく、それぞれが別の店鋪で調査を進めていく。

    遊郭の「ときと屋」に引き取られた炭治郎は、そこで鯉夏という花魁に出会う。そして聞き取り調査をする中で、有力な情報を得るのだった。

    その一方、別の店に引き取られた伊之助は「鬼」の気配を察知。カットが切り替わると、実際に「鬼」の一部と思われる帯状の物体が、宇髄の妻“まきを”を捕らえていた…。


    サブキャラが豪華すぎる? その裏に隠された事情とは

    今回、花魁の鯉夏を演じている声優は斎藤千和。『〈物語〉シリーズ』の戦場ヶ原ひたぎ役や、『魔法少女まどか☆マギカ』の暁美ほむら役などで知られている超人気声優だ。

    そして謎の物体については、エンディングのクレジットや声質から判断して、伊藤静が声優だと予想されている。こちらも2000年代に一時代を築いた人気声優で、『ToHeart2』の向坂環や『ハヤテのごとく!』の桂ヒナギクといったキャラクターを代表作にもつ。

    そんなメインキャスト級の声優が突如出演したことで、ネット上では《斎藤千和と伊藤静は激アツだったな》《マジで豪華やな「鬼滅の刃」の声優》《伊藤静さんが帯のCVなのか…相変わらず鬼滅の声優豪華すぎて震えてる…》といった反響があがっていた。

    とはいえ、2人が演じている役柄はどちらも重要人物のようには見えない。なぜここまでキャスティングに力を入れているのか、と疑問を抱く人もいることだろう。

    その理由の1つとして考えられるのは、炎上対策。「鬼滅の刃」は爆発的なヒットによって、出演者たちにも大きな注目が集まっている。たとえば竈門禰󠄀豆子役を演じている鬼頭明里は、週刊誌に狙われた結果、熱愛報道によって炎上していた。そうした背景があるため、炎上リスクが少なさそうなベテラン声優の起用に走ったのではないだろうか。

    いずれにせよ、ファンにとってはあまり関係のない内部事情の話。今後そのキャリアを生かした熱演を披露してくれることを期待したい。


      


    【元スレ】

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1639456920/0-
    【【アニメ】『鬼滅の刃・遊郭編』第2話に豪華声優が集結! 起用理由はスキャンダル対策?】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:CAP
    MANTANWEB 12/10(金) 7:01

     吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「鬼滅の刃」の新作「テレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編」が、フジテレビ系で12月5日から毎週日曜午後11時15分に放送されている。日本の映画史上初めて累計興行収入が400億円を突破した劇場版アニメ「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)のその後の物語で、大きな話題となっている。「無限列車編」は、主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)と共に戦った鬼殺隊最強の剣士“柱”の一人、炎柱・煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)の活躍が描かれたが、「遊郭編」では同じく“柱”の音柱・宇髄天元(うずい・てんげん)が活躍する。宇髄天元役の小西克幸さんは「遊郭編」に「プレッシャーがあった」と明かし、「みんなが憧れる、頼りにしている柱になりたい」という思いでアフレコに臨んだという。「魂の熱さを感じた」というアフレコの様子、「遊郭編」への思いを聞いた。

     「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎が、鬼に変異した妹・禰豆子(ねずこ)を人間に戻すために旅立つ……というストーリー。原作は、2016~20年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、「テレビアニメ『鬼滅の刃』竈門炭治郎 立志編」が2019年4~9月に放送、2020年10月に「無限列車編」が公開された。「遊郭編」は、「無限列車編」に続く物語で、炭治郎たちが宇髄天元と共に鬼が棲(す)む遊郭に潜入することになる。フジテレビ系、TOKYO MXほか30局で放送中。

     「遊郭編」の制作が発表されたのは今年2月。小西さんは「遊郭編」で「宇髄天元をまた演じられるのはうれしかったですね」と話す。一方で、「遊郭編」の参加についてプレッシャーも感じていたという。

     「皆さんの期待も大きいと思いますのでプレッシャーはありました。とはいえ、多くのテレビ局で放送されると聞くと、たくさんの方に見ていただけるんだなと思いますし、ありがたいです。それに海外でも多くの方に支持されて、日本のアニメーションが日本以外でも盛り上がっているのも、すごくうれしいじゃないですか。そんな作品に参加させていただけるのは非常にうれしく、誇らしく思います」

     「無限列車編」では、煉獄が柱としてまさに「心を燃やして」鬼と戦う姿が描かれ、多くの人の胸を打った。煉獄役の日野聡さんは、今年3月に開催されたアニメイベント「AnimeJapan(アニメジャパン)2021」で「遊郭編」の宇髄について「これからは派手派手で頼もしい男が炭治郎たちを導いてくれます」と語ったことがあった。小西さんは、煉獄に続いて炭治郎たちと共に戦う柱である宇髄を演じる上で「柱というもの」を強く意識したという。

     「それがお芝居に乗っているかどうかは分からないんですけど、柱というのは、鬼殺隊にとって精神的支柱であり、煉獄さんもそうだったと思うんです。みんなが憧れる、みんなが頼りにしている柱というものが感じられたらいいなと思い、演じました」

     ◇「遊郭編」は「全開で」

     小西さんは、「遊郭編」の収録が「非常に楽しみだった」といい、実際の収録では「人間の魂の熱さを間近で感じた」という。

     「僕は『鬼滅の刃』において、炭治郎たちが一生懸命あがいて前へ前へと進んでいく温度感がとても好きだったので、そこに自分が入ったことによってどんなふうになるんだろう?と、非常に楽しみでした。実際に参加してみたら、彼らが持っているすごい熱量を感じました。一緒にアフレコして、そこで一生懸命あがいている彼らに会えた気がするんですよ。自分も魂を燃やして彼らと並べたらいいなと思いました。すごい熱量の現場に身をおけたことが楽しかったです」

    ※続きはリンク先で
    「テレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編」の宇髄天元役の小西克幸さん
    no title

      


    【元スレ】

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1639116640/0-
    【【声優】小西克幸「鬼滅の刃」遊郭編 プレッシャーを感じながら挑んだ収録 “柱”を意識】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:LgdoTz7a0
    ヤバいな

    no title

      


    【元スレ】

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/ghard/1638976785/0-
    【【悲報】鬼滅の刃遊郭編…わずか一日でネトフリ配信1位から陥落してしまう完全にオワコンへ】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:d3PN2gcya
    遠野なぎこ(42)が7日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」に出演。5日にスタートした大人気アニメ「鬼滅の刃 遊郭編」(フジテレビ系)のタイトルに首をかしげた。

    遊郭を子供にどう説明するか――。番組では「大人の遊び場のイメージではなく、非日常な空間が育んだ文化的側面に目を向けてほしい」「遊女については『地方の流行創出にひと役買っていた」との報道を紹介した。

    意見を求められた遠野は「文化的側面とかいうのもあるんでしょうけれども、なんで遊郭にしたのかな」と微妙な表情。続けて「役柄で遊女をやったりとか、舞台で花魁をしたりしたので、その悲しい背景を知っちゃってるんで、個人的には複雑ですね。子供に説明ってなかなか難しいでしょ」とコメントした。

    橋本マナミは「子供に大人気の作品だから遊郭って何って必ず聞かれますよね。私なら〝大人の遊園地〟とか答えるしかない」と困惑気味。遠野の「(遊郭編にしたことに)なんの理由があるんだろう」に「本当ですよね」と同意した。

      


    【元スレ】

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/ghard/1638932979/0-
    【【悲報】『鬼滅の刃 遊郭編』、続々とフェミ達から叩かれ始める よほど『遊郭』が気に喰わん模様】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:dSEpJ2bd0

      


    【元スレ】

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1638788130/0-
    【【動画】「鬼滅の刃 遊郭編」、追加キャストに石上静香、東山奈央、種崎敦美】の続きを読む

    このページのトップヘ