1: 名無し@まとめ 2021/08/15(日) 17:00:31.01 ● BE:645525842-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
no title

「テレビ放送だけやればうまくいく時代ではない」

 バンダイ代表取締役社長(当時)・川口勝氏は玩具業界誌「トイジャーナル」の2021年新春インタビューでそう語りました。

「ニチアサ」コンテンツに今、何が起きているのか? 現状を見ていきたいと思います。

 プリキュア、仮面ライダー、スーパー戦隊。日曜日の朝に放送されているいわゆる「ニチアサキッズタイム」。こっそり楽しみにしているオトナの方も多いと思います。(今は「ニチアサ」の名称は公式では使われていませんが、テレビ朝日系列のものをここでは便宜上そう呼びます)

 2021年8月現在であれば……
・8時30分~『トロピカル~ジュ!プリキュア』
・9時~『仮面ライダーセイバー』
・9時30分~『機界戦隊ゼンカイジャー』

という編成となっている、日曜日朝8時30分からのこの枠は、2021年現在ですでに37年以上も続いており、「日曜日の朝にアニメや特撮が放送される」のは、もはや「日本の文化」といっても過言ではないでしょう。

 しかしこのニチアサでは昨今、そのメインスポンサーであるバンダイのおもちゃなどの関連商品の売り上げが下降ぎみなのです。

 いったいニチアサコンテンツには今、何が起きているのか?

 バンダイナムコグループの決算数字を読み解きながら、ニチアサ3作品の置かれた状況を見ていきたいと思います。

バンダイナムコの売り上げにおける「ニチアサ」3作品の立ち位置とは?

 まず、バンダイナムコ全体の傾向を見てみます。

 株式会社バンダイナムコホールディングスの2021年3月期の決算短信より、「IP別売上高」の数字が発表されているコンテンツのグループ全体売り上げを見てみましょう。(「IP」とはIntellectual Property、要は知的財産を指します。またアイドルマスターやラブライブ等、大きな売り上げがありながらも「IP別売上高」が出されていない主要コンテンツもバンダイには存在します)

 以下のグラフは、「国内トイホビー」と「国内トイホビー以外」に分けています。

…etc(非常に長文、画像のみ途中まで)
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title




■プリキュア、スーパー戦隊が不調?…「日曜朝子ども枠」の異変とTVアニメビジネスの現在
文=kasumi/「プリキュアの数字ブログ」管理人

  


【元スレ】

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1629014431/0- 【プリキュア、スーパー戦隊が不調?…「日曜朝子ども枠」の異変とTVアニメビジネスの現在】の続きを読む