炎上

    1: 名無し@まとめ ID:CAP
    goo いまトピランキング2021/9/21 07:39

    映画・アニメにおける芸能人の声優起用に対し、声優オタクが「本業の仕事を奪うな」と親の仇のように怒るのは、もはやネット上でおなじみの光景。しかし、その立場が逆になると、オタクは手のひらを返したように逆ギレするようだ。昨年来、声優のバラエティー・ドラマ出演は目に見えて増加しており、アニメ声優がバラエティーやドキュメンタリーのナレーションを務めることは日常的に。

    アニメ声優がナレーターの仕事を奪っているこの現状に、公然と異議を唱える勇気ある者が現れた。この人物は『水曜日のダウンタウン』、『ジョブチューン!』(どちらもTBS系)、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)などで活躍する、誰しもがその声に聞き覚えのあるナレーター・服部潤。9月16日、服部は自身のツイッターで《有名声優かしらないけど、番組ナレーターに使うのはもう止めにしないか?》《内容が全く入って来ないし、番組として成り立ってない 声優はキャラクターを通しての表現はピカイチだけど、ナレーションとしての表現は全く出来ていない》などと表明し、ナレーション技術のないアニメ声優の起用に物申したのだ。

    するとこれに対し、オタクは日頃の主張を棚に上げ、服部に二枚舌の猛反論を開始。声優はあくまでアニメ向きの演技で〝声の仕事〟全般に向いている訳ではないという真っ当な指摘が、まさかの大炎上と化してしまったとまいじつは報じた。

      


    【元スレ】

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1632231023/0- 【【声優】まさかの大炎上「番組として成り立ってない」手のひらを返したように逆ギレ『ミュージックステーション』でも】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:CAP
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    8/16(月) 23:36配信
    オリコン

    鬼頭明里 (C)ORICON NewS inc.

     声優の鬼頭明里が26日、自身のツイッターを更新。一部週刊誌で報じられた声優・保住有哉との交際報道について言及した。

     ツイッターでは「一部報道に関しまして、事務所に報告した通り、保住さんは仲の良い友人の一人です」と報告し、「この度はご心配をおかけし、またお騒がせしてしまって申し訳ございません」とお詫び。

     「私としては引き続き、声優としてのお仕事を真摯に頑張っていけたらと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いします」と呼びかけた。

    no title


      


    【元スレ】

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1629124904/0- 【【声優】鬼頭明里、交際報道に言及「仲の良い友人の一人です」】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:d9tyOIOta
    明里、嘘だよな…
    no title

      


      


      


      


      


    【元スレ】

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1625978214/0- 【【悲報】声優の鬼頭明里さん、武内俊輔さんとイチャつき炎上wwww】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:CAP
    ねとらぼ2021年07月09日 21時00分

     ディズニープラスで配信中の人気アニメ「ザ・シンプソンズ」の日本語吹き替え版キャストが、変更されることが分かりました。同作を巡る日本語吹き替え版の声優変更問題は2度目で、ファンからは、「ファンの気持ちを置き去りにしたキャスト総入れ替えを受け入れることはできない」との声が上がっています。

    ザ・シンプソンズとは――
     「ザ・シンプソンズ」は、世界70か国以上で愛されているコメディーアニメ。アメリカのごく一般的な中流家族、シンプソンズ一家の暮らしをブラックユーモアと風刺たっぷりに描き、アメリカアニメ史上最長長寿番組としても知られています。

     日本ではサントリー「C.C.レモン」「ミスタードーナツ」のCMキャラクターに起用されたことがあるほか、人気ファッションブランドとのコラボレーションも積極的に行っているため、目にしたことのある人も多いのではないでしょうか。

     そんな「ザ・シンプソンズ」ですが、2007年に初の映画化が決定した際には日本語吹き替え版キャストとして、芸能人の起用が発表されたためファンが猛反発。

     「シンプソンズファンクラブ」の前身「映画版『ザ・シンプソンズ』声優変更を考える会」が、大平透さん(ホーマー役)、一城みゆ希さん(マージ役)、堀絢子さん(バート役)、神代知衣さん(リサ役)らの続投を求めてマーケティング調査や署名活動を行い、「ザ・シンプソンズ MOVIE」のDVD版とBlu-ray Disc版には、劇場公開版(芸能人版)とオリジナル版、そして字幕版の3種類が収録される異例の対応が取られました。

     一方、テレビバージョンの吹き替え版制作についてはシーズン14を最後にストップしており、以降のエピソードは字幕対応が続いていたため、シンプソンズファンクラブをはじめとするファンは「シンプソンズ日本語版の魅力はベテラン声優陣による吹き替えの巧みさにあるといっても過言ではない」として、オリジナルキャストでの日本語吹き替え版復活を強く望んできました。

    まさかの形で発覚した新キャスト起用――
     そんな中、事態が大きく動いたのは7月7日のこと。

     マーベル作品とのクロスオーバーとなる「ロキとバートたちの大乱闘(原題:The Good, the Bart, and the Loki)」がディズニープラス・アメリカ版にて配信された際、日本語吹き替え版が収録されていることが判明し、浦山迅さん(ホーマー役)、高倉有加さん(バート役)、うのちひろさん(リサ役)と、オリジナルキャストとは全く別の声優がキャスティングされていることが分かったのです。

     また翻訳も長年日本語吹き替え版を担当してきた徐賀世子さんから亀井玲子さんへ変更された一方、シーズン6以降のキャスティングなどを担当してきた演出の向山宏志さんは続投となることも明らかになりました。

     もし今後のシリーズも含めてレジェンドとも言えるオリジナルキャストの跡を引き継ぐとすれば新キャストへの重圧は計り知れませんが、ファンからは「声優変更はちょっと残念だけど、また吹き替え版が見られるのは嬉しいしとてもありがたい」と肯定的な意見がある一方で、「吹替声優が全員変わってるってどういうことですか?」「あの声優さん達だからこそのシンプソンズなのに…」「シンプソンズで育ったので声優変え地雷すぎる…」との声も。「堀さんのバートシンプソン好きだったのに普通に悲しい」「リサは神代知衣さん以外考えられないよー!声優さん変更しないで」との悲鳴も上がっています。

     また2019年に21世紀フォックス(現・FOXコーポレーション)がウォルト・ディズニー・カンパニーに買収されたことを受けて、「ついに踏み切ったかディズニー」「シンプソンズの声優陣が一新されたのはやっぱD社だからそこら辺の関係かねえ」といぶかしむ声も上がっています。

     ホーマー役の大平透さんが2016年に惜しまれつつ天国へと旅立った後も、オリジナルキャストの多くが第一線で活躍しているため、一部のキャストのみを変更して吹き替えを続けることはできるのではないかとの意見も出ている今回の決定(マージ役の一城さんは「名探偵コナン」のジョディ・スターリング役、リサ役の神代さんは「きかんしゃトーマス」のパーシー役など)。

     ファンとの交流を行ってきた経緯の中で制作側が「日本のファンがオリジナルキャストでの日本語吹き替え版制作を熱望している」と把握していたにも関わらず、何の発表もなく、日本語吹き替えを新キャストで制作し、アメリカ版ディズニープラスで先行公開したことについては、「悪手だ」と怒りの声も上がっています。
    (以下リンク先で)

      


      


      


      


      


    【元スレ】

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1625872030/0- 【【アニメ】「ザ・シンプソンズ」で再び吹き替え声優変更か 「ファンの気持ち置き去り」「考えられない」と悲鳴上がる】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:d/busMRo0
    VTuberの『探偵はもう、死んでいる』出演にアニオタ猛反発!「素人を採用しないで」

    2021年夏クールの新アニメ『探偵はもう、死んでいる。』(TOKYO MXほか)の本編に、人気VTuberの白上フブキと夏色まつりが出演する模様。しかし、アニメファンからは反発する声が相次いでおり、早くも暗雲が立ち込めているようだ。













    【元スレ】
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1625260512/0- 【【悲報】大人気ホロライブVTuberのTVアニメ「探偵はもう、死んでいる」出演にアニ豚猛反発】の続きを読む

    このページのトップヘ