バラエティ

    1: 名無し@まとめ ID:mGuJkBq/0
    これホンマ恥ずかしくて見れないんやが

      


    【元スレ】

    https://eagle.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1666089370/
    【【うっ・・・】テレビ「声優さん!○○の声やって!」ワイ「うわ(チャンネル替えー」】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:tpK74aTLd
    僕「これが芸人のトップ番組の水曜ダウンかぁ…」

    僕「…」 僕「…」 芸人「アキマヘンテ」

    僕「あ、アハハ…お、おもしろいね…😅」

    これが普通の感覚やぞ芸人オタクども

      


    【元スレ】

    https://eagle.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1664349751/
    【僕「さてぇーっと声優バラエティ見るか!ギャハハハ!こいつぁ!おもしれぇ🤣」ピッ👈】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:CAP
    映画『鬼滅の刃』の大ヒットを受け、テレビ業界で注目を集める声優たち。ルックスよし、トークよしの声優たちは、いまや多くの番組から引っ張りだこになっている。

     今回、本誌は大手広告代理店がNHK&民放各局のプロデューサーら、100人におこなったアンケートをもとに作成した「いま起用したい女性声優」ランキング資料を入手した。

     まずは、声優にスポットを当てた番組も数多く放送しているNHKから見てみよう。

    「NHKは、声優をいちばん多く起用している局だと思います。Eテレでもいろんな番組がありますし、ナレーションやラジオドラマでも、多くの声優たちが活躍しています。最近は本人が出演するケースも多く、声優目当ての視聴者も増えてきています」(NHKチーフプロデューサー)

     NHKの1位に輝いたのは水樹奈々。

    「やはり、『紅白歌合戦』の常連ですからね。『ダーウィンが来た!』『SONGS』などのナレーションも担当し、声優界のレジェンドだから一度は仕事したいという声も多いです」(NHK関係者)

     2位に竹達彩奈、3位には早見沙織が入った。

    「竹達は梶裕貴の奥さんです。現場からはテレビ出演に慣れていて理解が速いし、演出が楽と評判がいい。早見はナレーションなどで、数多くの番組に出演しています」(声優ライター)

     続いて日本テレビ。女性1位は、美人声優として人気の花澤香菜。2位は竹達、3位には「アンパンマン」の声を務める戸田恵子が入った。

    「花澤は、実家の『おいなり食堂』がSNSでバズるなど好調。安定感があると評判です。戸田は、日テレでは神様。『アンパンマン』の持つ数字は圧倒的です」(声優ライター)

     TBSの1位は『鬼滅の刃』の竈門禰豆子役、鬼頭明里だ。「タレントとしても才能がある」(TBS関係者)などと、キュートなルックスとトーク力には定評がある。

    「8月に1stミニアルバムも発売されますし、今後は歌番組への出演が増えると思います」(声優ライター)

    2位には花澤、3位には金田朋子がランクインした。

    「金田は数年前から夫婦でバラエティ番組に出演。独特な世界観と、超音波が混ざっているとされる高音ボイスが特徴です」(声優ライター)

     次にフジテレビ。1位は水瀬いのりだ。抜群のルックスと歌唱力で「声優のなかではいちばんタレント性が豊かだと思う」(フジテレビ関係者)など、スタッフにも人気。

     2位は上坂すみれ。「キャラ(旧ソ連好きを公言)がおもしろい。『アウト×デラックス』に出てほしい」(同前)と、こちらも高評価だ。

    「“いのりん”は、NHKの朝ドラ『あまちゃん』への出演経験もあります。“すみぺ”は『かわいい』だと照れてしまうので、『毛深い』と言ってほしいとファンにお願いするなど、唯一無二のキャラ(笑)」(声優ライター)

     3位の伊藤美来は歌手やグラビアでも活躍し、「週刊プレイボーイ」の2019年声優部門グランプリを獲得した。

     テレビ朝日では「『10万円でできるかな』に出演した際の反響がすごかった」(テレビ朝日関係者)という鬼頭が、TBSと同じく女性1位に。3位には石原夏織が入った。

    「『お願い!ランキング』に出演した際に『声優さん?』っていうほどかわいくて、見惚れてしまった」(同前)

    最後は、深夜アニメの放送本数が多い“アニメのテレ東”。女性1位は佐倉綾音だった。多数の作品で主演する売れっ子であり、女優の浜辺美波の親友という、その交友関係も話題になっている。

     2位は “なおぼう” こと東山奈央、3位にはファイルーズあいが入った。

    「東山は早稲田大学卒の才媛。演技力の評価も高い。ファイルーズあいは、エジプト系ハーフで、エジプト在住中に漫画『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』のファンになり、声優を目指した。同作はアニメ化が決まっており、主人公の空条徐倫役を射止めた」(声優ライター)

     顔よし、声よしの “二刀流” 声優が増えるいま、テレビ業界の「困ったら声優」の傾向は、まだしばらく続きそうだ。


    (週刊FLASH 6月29日・7月6日合併号)

    6/23(水) 6:06
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3a39e3a2f408ac0baff56f22f3d6d02afc029a17




    【元スレ】
    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1624396993/0- 【NHKは水樹奈々、フジは水瀬いのり…各局が「起用を熱望する女性声優たち」】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:CAP
    まいじつエンタ2021.06.10 17:33
    https://myjitsu.jp/archives/285734

    『鬼滅の刃』の大ヒットにあやかり、声優たちを毎日のように出演させるようになった昨今のテレビ業界。これを象徴するような出来事が、6月7日に見られることとなった。

    この日、フジテレビ系のゴールデンタイムは、21時台のドラマを除いて〝声優祭〟に。『ネプリーグ』には「超人気声優チーム」が参戦し、木村昴、石川界人、伊瀬茉莉也、梶裕貴がクイズに挑んでいった。続く番組『スカッとジャパン』にも、津田健次郎、浪川大輔、西山宏太朗、仲村宗悟と、4名もの男性声優が再現ドラマに出演している。

    さらに、裏番組である『世界まる見え! テレビ特捜部』(日本テレビ系)も同様の様相を呈した。昨今の同番組は冒頭で述べたブームよろしく、VTRのナレーターに雨宮天、内田真礼、佐倉綾音といったアニメ声優を起用することが通常運転に。さらにさらに、この日はスタジオゲストにも声優の杉田智和が出演し、ビートたけし、所ジョージといった大御所と顔を並べてタレントのようにワイプリアクションを取ったのだ。

    大興奮の礼賛から複雑な違和感まで様々な声が…
    ゴールデンタイムの民放各局が、同時多発的に声優をバラエティー出演させたこの光景。昨年下半期以降吹き荒れる〝声優のバラエティー進出〟を、これ以上なく如実に表すものとなったのは言うまでもない。あまりに分かりやすかったためか、ネット上にも様々な反応が。

    《今日、丸見えにネプリーグにスカッとジャパンの声優オンパレードだったね~!》
    《近年の声優ばっか番組でてんの、まぁなんか、当人たちのノリがテレビ的じゃなくて違和感がすごい。うーん…》
    《今日テレビに声優ばっかでてるじゃないか 何だこのカオス》
    《ネプリーグに声優さんが出てその後にスカッとジャパンでも声優さんが出てるって… 本当にやばい… 丸見えにも杉田さん出てるし、今日のテレビめっちゃ声優さん出るやん!》
    《餅は餅屋なんだから声優をテレビに出すなよ》
    《タレントに声優やらせたらブチ切れるアニオタが声優のテレビ出演は興奮して喜んでんのマジ笑う》

    など、賛否が見られている。

    「声優がテレビに出演するのは、大昔から賛否の分かれているテーマです。ただ、局側が彼らを起用するのは、ギャラやSNSの反響といった戦略的な視点に基づけば仕方ない部分もある。問題なのは、タレントの声優起用を親の仇のごとく叩きまくるにもかかわらず、声優のテレビ出演は大興奮で視聴者側になる、都合のいい二枚舌の声優オタクですよ」(アニメ誌編集)

    かつての声優ファンには、「声優としての矜持を持ち、表舞台には出ないでほしい」「声優なのに声以外の仕事をするのは逃げ」という保守的な層も一定数存在していた。二枚舌のオタクばかりな現状を、こうした保守派は嘆いていることだろう。


    【元スレ】
    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1623322283/0- 【バラエティー番組が声優だらけに…二枚舌のオタクたちが大歓喜!】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:wTgsRA8600505
    何があったんだ

    【元スレ】
    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/ghard/1620203513/0- 【【謎】なんかここ1年ぐらいで声優がテレビに進出しすぎじゃね?】の続きを読む

    このページのトップヘ