ドラえもん

    1: 名無し@まとめ ID:CAP
    マグミクス5.9

    『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』『ちびまる子ちゃん』といえば、誰もが知っている国民的アニメ。基本的には子供が見ることを想定しているため、ほのぼのと笑える話やワクワクする話が多いのですが……たびたびホラー要素を含む回も放送されています。ときには「これは本当に子供向けか?」と思うほど刺激が強い回も。子供の頃に見て、トラウマを植えつけられている人も多いのではないでしょうか。この記事では、そんな「国民的アニメのトラウマ回」をそれぞれひとつずつご紹介します。

    ●『ドラえもん』 「バイバイン」
    『ドラえもん』の「トラウマひみつ道具」と名高いのが、「バイバイン」です。原作では17巻に収録されており、アニメで最初に登場したのは1979年。ドラえもんの声優が水田わさびさんに代わってからも、2008年、2017年に放送されました。

    「バイバイン」は液状の薬で、これを垂らしたものが5分ごとに分裂し、倍々に増えていくというもの。のび太は栗まんじゅうに使用し、「分裂したうちの1個を残せばずっと食べられる」ことに気がつきます。しかし、散々食べまくって、ひとつ残したところで満腹に。そのままだとどんどん増えてしまうため、家族や友達にも食べてもらおうとしますが、それでも栗まんじゅうは残ってしまいます。

    のび太はよく考えず、これをゴミ箱に捨てるのですが……あっという間に庭が栗まんじゅうに飲み込まれかけるほど増殖。それもそのはず、計算上では、1時間で4096個、2時間で1670万7216個に到達、一日もすれば地球全体が栗まんじゅうで埋まってしまうのです。

    最終的には、ドラえもんがロケットですべての栗まんじゅうを宇宙へ飛ばし、ことなきを得るというオチがつけられています。しかし、「いまも増え続けてるんだよな……?」「そのうち宇宙全体が栗まんじゅうに飲み込まれるんじゃないか?」と不安に思った人も多いのではないでしょうか。ちなみに、2008年版では、「宇宙に全部送ったと思ったら、実は1個残っていた…」というオチになっており、さらにトラウマ度がアップしています。

    ●『クレヨンしんちゃん』 「恐怖の幼稚園だゾ」
    「呪いのフランス人形」「殴られウサギの逆襲」など、ホラー回がたびたび放送されている『クレヨンしんちゃん』ですが、なかでも印象的なのが、1997年8月8日に放送された「恐怖の幼稚園だゾ」です。

    この回は、風間くんが主人公。幼稚園のバスに乗ると、いつもは吉永先生がいるはずなのに、この日はなぜか松坂先生が乗っています。幼稚園には無事に着きますが、教室がひとつ多い、声が聞こえたはずの教室に誰もいない、といった数々の異変が起き……。

    さらには、ネネちゃんがトイレに吸い込まれる、天井から石化した先生・生徒たちが生えてきて落下する、など衝撃的な展開に。パニックにおちいるなか、松坂先生に頭をつかまれた風間くん。その顔は、恐ろしい形相に変化していました。

    ここで、風間くんが目を覚まし、いわゆる「夢オチ」だとわかるのですが……その手には石のかけらが。幼稚園に行こうとすると、バスには夢で見たのと同じく、松坂先生が乗っているのです。

    夢の内容の怖さもさることながら、オチまでかなりホラーで強烈。子供のころに見たら絶対に忘れられない、まさに「トラウマ回」と言えるでしょう。

    ●『ちびまる子ちゃん』「まる子 まぼろしの洋館を見る」
    基本的には、ほのぼのとした日常を描いている国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』。そんななか、一風変わった雰囲気で視聴者の心に残り続けているのが、第1期81話「まる子 まぼろしの洋館を見る」の巻です。
     
    その内容は、ある夏の日、まる子とたまちゃん、ブー太郎の3人が神社の裏を探検しに行き、古びた洋館を見つけるというもの。怖がりながらも足を踏み入れる3人。薄暗い洋館のなかを探検し続けると、古いコートが飾られているのを見つけ、怖くなって引き返します。まる子は家族やクラスメートに探検の話をして盛り上がり、再度その場所へ向かうものの、その場所にはなにもなかった……というオチです。

    この話は、さくらももこ先生の実体験だというのがポイント。モノローグとして、大人になったさくらももこさん視点で、「このほかにも、一度行ったのに二度と見つからなかったお花畑や田んぼが、いくつもあります」「私は、神様が子供だけに遊ばせてくれる場所があるのだと思えてなりません」と語っています。

    ホラー要素がありつつも、大人になってから見ると、「二度と戻れない子供の頃のあの感じ」を追体験できる、印象的な回です。
    (古永家啓輔)

      


    【元スレ】

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1652131134/0-
    【【国民的アニメ】トラウマ回3選 増え続ける栗まんじゅうや謎の洋館の恐怖】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:CAP
    4月9日のアニメ『ドラえもん』(テレビ朝日系)では、一部ファンの間でカルト的な人気を誇るエピソード「どくさいスイッチ」を再放送。現在の社会情勢的に、あまりにもタイムリーで攻めたエピソードを放送したため、話題になっている。

    「どくさいスイッチ」は、ドラえもんがのび太に渡したひみつ道具。名前を言いながらボタンを押すと、名前を言われた人は消えてしまい、周囲の人々の記憶からも抹消されてしまう。

    のび太は勢いに任せてジャイアンやスネ夫の名前を叫び、2人の存在を抹消。その後も満足せず、ちょっとでも嫌だと思った人を次々に消していくのだった。


    しかし、気づくと世界中の人が消えており、のび太は世界に1人だけという状態に。そこでようやくのび太は1人では生きていけないことを悟り、自分がしたことの重大さを思い知る。ラストシーンでは隠れていたドラえもんから、「気に入らないからって次々に消していけば、キリのないことになるんだよ、分かった?」と諭されるのだった。

    気に入らない意見を排除することの意味

    今まさに独裁者として、世界中から注目を集めているのはロシアのプーチン大統領だろう。再放送したことには皮肉が込められていると感じた視聴者も多く、

    《今のご時世にどくさいスイッチ放送するドラえもんスゴいな》
    《ドラえもんの「どくさいスイッチ」の回、ぜひプーチンに見てほしい!》
    《このご時世に「どくさいスイッチ」を放送して「独裁者になんてなるもんじゃないだろ?」で締めるのなかなか挑戦的だな…》
    《どくさいスイッチやってるね。今この時期に放送してるってことはプーチン批判なのかしら》
    《どくさいスイッチはこの時代に見ると恐ろしい道具だな…》

    といった意見が見受けられた。

    また視聴者の中には、プーチン大統領に向けた皮肉としてだけでなく、昨今問題視されているSNS上のトラブルに絡めて考える人も。ネット上には、

    《私はネットでの批判も繋がりがあるかなと思います。見たくないもの、不快な情報は消してしまえという風潮の結果、世界は朽ちていくんですよ》
    《プーチンに見せるべきってコメント結構あるけど、今の日本においては、気に入らないものを排除しようとするツイフェミとか表現規制派の皆さんに見せた方がいいと思うのですが…》
    《気に入らない人間をリムってブロックして、自分にとって都合のいい世界が残るようにふるいにかける。まさにSNSじゃないですか》
    《自分が不快なものをなんでも消そうとするフェミは、絶対に見た方がいいエピソードやな!》

    など、さまざまな意見が上がっていた。

    「どくさいスイッチ」は、フィルターバブルの中で、自分に都合の良い意見にしか触れない人に見てほしいエピソードだ。


      


    【元スレ】

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1650005983/0-
    【ドラえもんが社会風刺!? 名作エピソード『どくさいスイッチ』を再放送】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ 2021/02/27(土) 02:02:53.78
    ルパン三世だろ






    【元スレ】
    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/asaloon/1614358973/0- 【三大国民的アニメ「サザエさん」「ドラえもん」あと一つは?】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:CAP

     人気アニメ『ドラえもん』が27日、テレビ朝日系で放送され、のび太が住む家が“賃貸”だったことがわかり、SNSでも話題となっている。

     この日は、「ひろびろ日本」「オンボロ旅館をたて直せ」の2本の物語を放送。そのうち「ひろびろ日本」のなかで、のび太のママ(野比玉子)が「また家賃が上がったのよ…。はあ…自分の家を持ちたいわ」とぼやくと、ツイッターでは視聴者たちが反応。

     「きょう一番の衝撃」「ずっと持ち家だと思ってた」「知らなかった」など、驚きの声が上がっている。

      


    【元スレ】

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638002721/0-
    【【驚愕】『ドラえもん』のび太の家は“借家” 「一番の衝撃」「知らなかった」「持ち家だと思ってた」と驚きの声】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:CAP
    11/26(金) 12:05配信
    オリコン

    関智一 (C)ORICON NewS inc.

     人気アニメ『ドラえもん』スネ夫役、『鬼滅の刃』不死川実弥役、『呪術廻戦』のパンダ役などで知られる声優・関智一(49)が、25日放送のTBS系バラエティー番組『ニンゲン観察バラエティ モニタリング いい夫婦の日SP』(後8:00〜)にゲスト出演した。

     番組トークでは、ブラックマヨネーズの小杉から「スネ夫役をやって変わったことは?」と問われると、関は「スネ夫をやったおかげで、マンションのローンがすんなり組めるようになった」と告白。スタジオを驚かせた。

     関がスネ夫を演じ始めたのは、2005年からで33歳の時。マンションのローンを組んだ時期は不明だが、吉田から「(銀行が)この人の人生は安泰だなと!(判断した)」と言われると、関は「『ドラえもん』は終わらないだろうと!」と話して笑いを誘った。

    no title


      


    【元スレ】

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1637897153/0-
    【【朗報】関智一、スネ夫役で住宅ローン「組めるようになった」 人生安泰になった?『ドラえもん』出演に感謝】の続きを読む

    このページのトップヘ