海外

    1: 名無し@まとめ ID:54P1a+0Ba
    海外YouTuberの東映制作のアニメ(ドラゴンボール・ONE PIECE・デジモンなど)リアクション・感想動画が大量削除


    大激怒
    no title



    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

      


    【元スレ】

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1638929833/0-
    【【悲報】海外のアニオタ、東映に動画を消され大激怒wwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:CAP
    CULTURE
    5min2021.12.5
    no title


    日本のアニメはたびたびハリウッドで実写化されてきたが、ことごとくうまくいかないと言っても過言ではない。ハリウッドが見落としている日本のアニメの「真の魅力」とはなんなのだろうか? ネットフリックスで公開中の実写版『カウボーイビバップ』を例に、米誌「アトランティック」が解説する。

    ■ほとんどが批評的・商業的に失敗

    この数十年、ハリウッドは日本のアニメの実写化に悪戦苦闘してきた。アニメには独特の映像スタイルがあり──たとえば美麗な背景画、滑らかなカメラ移動、デフォルメされた表情──生身の俳優を使って実写にすると妙な感じになってしまうのだ。

    また、日本のアニメの物語展開では、登場人物が徐々に変化していく様を物語の中心に据えることが多いのだが、これも内的・外的な葛藤や争い、そしてその解決を基本とするハリウッド式のプロット構成には必ずしもそぐわない。

    アニメはアメリカでも莫大な数のファンを獲得したし、『マトリックス』シリーズ監督のウォシャウスキー姉妹など、多くの映画製作者たちにインスピレーションを与え、彼女らが独自の映像美学を培うことにも貢献した。

    だが、ハリウッド実写版『ゴースト・イン・ザ・シェル』や『ドラゴンボール EVOLUTION』をはじめ、実写リメイクにおいて古典的名作アニメのエッセンスを捉えようとするアメリカ映画界の試みは、そのほとんどが批評的にも商業的にも失敗に終わってきたのだった。


    ■アニメ『カウボーイビバップ』の魅力

    そんなわけで、史上最も成功したアニメシリーズの一つである『カウボーイビバップ』を実写化しようというネットフリックスの決断は、どうしたってリスキーなものにならざるを得なかった。


    物語の舞台は2071年、宇宙船ビバップ号に乗り込み宇宙をめぐる賞金稼ぎ(カウボーイ)一味の活躍を描く。アメリカでは2000年代に放送が始まり、『カウボーイビバップ』はカルト的な人気作品となった……が、普通のカルト作品とは一味違う。

    第一に、『カウボーイビバップ』はどこまでも成熟した仕上がりとなっている。多くのアニメとは違い、魔法少女も少年のヒーローも出てこない。中心となる登場人物は、「大人の問題」を抱えた大人たちである。視聴者が登場人物たちに出会ったときには、彼らはすでに人生における最も重要な局面をくぐり抜けてしまったあとで、銀河を彷徨うに充分な程度の日銭を稼ぐだけなのだ。

    また、オリジナル版『カウボーイビバップ』では、一貫したプロットはほとんど出てこない。カウボーイたちは賞金首の追跡の過程でドタバタ珍道中を演じることになるのだが、そうした冒険は彼らの退屈な日常におけるまったくの暇つぶしにすぎない、という点こそが重要なのだ。

    風呂に入り、雑誌を眺め、盆栽をいじるクルーたちのダラダラとした船内生活は、シリーズを通して繰り返し描かれる。主人公一味が出会うキャラクターの多くは、一回登場したらだいたいそれっきりだ。それぞれの舞台も再訪されることはない。

    見た目はふざけているようでいて、シリーズのテーマには哀愁がある。監督の渡辺信一郎は、物語よりも作品のムードを優先させており──音楽に菅野よう子を起用し、陽気なジャズをBGMにしたのもそれに一役買っている──あるエピソードではブラックスプロイテーション(70年代前半のアメリカで、黒人の客を想定し、黒人の俳優やスタッフによって製作された映画ジャンル)の名作をオマージュしたかと思えば、別の話では『エイリアン』をパロディしてみせる。

    ビバップ号の道中にはいつも明かされぬ謎が残るが、鮮やかな人物描写の数々によって、作品は地に足のついたものに仕上がっている。

    ■実写版に込められた原作へのリスペクト

    ネットフリックスによる新解釈を支えた制作班は、原作シリーズとそのエッセンスに対して明確に敬意を払っている。渡辺信一郎をクリエイティヴ・コンサルタントに迎え、音楽担当は原作と同じく菅野よう子だ。

    原作の躍動感を再現するため、複数いる監督たちは多彩なカメラテクニック──長回しやダッチアングル(あえてカメラを傾けて撮影された非水平ショット)──を多用している。『ブレードランナー』を引用した会話も、渡辺の影響を示す目配せだ。

    また、ビバップ号クルーの三人組のキャスティングは痺れるような化学反応を見せた。ジョン・チョーがスパイクの粋な態度を見事に再現し、ムスタファ・シャキールはジェットのストイシズムを捉え、ダニエラ・ピネダ演じるフェイは愛すべき率直さを纏っている。

      


    【元スレ】

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638701054/0-
    【【海外】米誌が指摘する「日本のアニメのハリウッド実写化で“繰り返される過ち”」とは】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:L0rpYL/Jd
    アニメNYC開始後の1発目のパネルとなる“hololive English -Council- Anime NYC Special Panel”は、2300席にもなるメイン会場をおさえ、数時間前から長蛇の列ができるほどの人気だった。

    新たに今年8月にデビューしたばかりの5人のVTuberグループ(ホロライブ English -council-)のお披露目会ともいえるイベントで、米国東海岸時間15時にホロライブEnglishのメンバー達が同時にニューヨークに集うイベントが会場で実施される。
    日本テレビの放送取材も入り、超満員の会場の中30分遅れで開始したそのイベントは、開始してもまだパネルルームの外には入り切れない列が立ち並び、
    また(第2回目記事でも伝えたように)3時間待ってもパネルルームはおろかJavits Center会場そのものにすら入れないファンたちは「hololiveをどうやって観ればいいんだ!?」「中の様子を送ってくれ!」といった阿鼻叫喚のポストがTwitterにいくつもこだましていた。

    政府とVTuberプロダクション運営会社という奇跡のコラボを実現した山野内総領事も、満面の笑みでホロライブEnglishブースで撮影を行い、今年のアニメNYCの目玉といわんばかりの盛り上がりを呈していた。


    登録者シェア
    英語
    ・ホロライブEN 1218万
    ・Vshojo     363万
    ・にじさんじEN 145万

    インドネシア
    ・ホロライブID 382万
    ・MAHA5     131万
    ・にじさんじID 117万

    韓国
    ・サンドボックス 82万
    ・にじさんじKR  75万(来月から51万)

      


    【元スレ】

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1638050455/0-
    【【悲報】にじさんじ「真っ先に海外進出してました。所属Vtuberもホロより多いです」←が完敗した理由】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:/WEQa5Hba
    上 日本
    下 海外

    no title

      


    【元スレ】

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1633574994/0- 【【悲報】新しくサービス開始したソシャゲ、日本と海外でイラストを変更してしまう】の続きを読む

    このページのトップヘ