ファン

    1: 名無し@まとめ ID:xXUJIFqEM
    YouTubeがこういうのを全部botとして弾くようになった↓

    648 風吹けば名無し 2022/01/10(月) 22:15:41.44 ID:KO0JcLcFa
    複垢、複窓を水増しとするかどうかは議論の余地があるが流石にこれはスパム扱いされてもしょうがないかと

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

      


    【元スレ】

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1641826118/0-
    【【朗報】Vtuberファン、聖徳太子だった】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:ANtm5pFvd
    しかもまぁまぁ豪華
    no title

      


    【元スレ】

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1641277446/0-
    【【画像】Vtuberファン、芸能界はおろか野球界にもめちゃくちゃ多かった】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:4P5Am6FZ
    1位 伊達さゆり
    2位 楠木ともり
    3位 前田佳織里

      


    【元スレ】

    http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1639840455/0-
    【【最新】ファンがキモい声優ランキングTOP3】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:LeWz53pq0
     明石家さんまがMCを務める『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)が11月30日に放送。声優・立木文彦に対する対応に、ツイッターでは不満の声が多く集まった。

     >>さんま、声優を容姿イジりして批判?「平べったいし」フォローが仇に<
     今回の特集は『島出身vs都会出身!壮絶ローカルバトル』。島出身のタレントたちが、島出身ならではの独特なエピソードを語っていくというもの。沖縄・石垣島出身の具志堅用高、鹿児島・奄美大島出身の元ちとせなどが登場する中、立木は長崎・福江島出身の声優として出演した。

     この日、立木と初対面だと言うさんま。彼がアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の碇ゲンドウ役を演じていることから、役の声を出してもらうよう依頼。立木が「乗るなら早くしろ。でなければ帰れ!」とアニメのセリフを言うと、さんまは「違う違う……」とツッコミを入れた。

     スタジオは笑いに包まれたが、Twitterでは、さんまのこうした対応に違和感の書き込みが多数。11月23日に同番組で放送された『人気声優&アニメ大好き有名人』特集でも、声優へ対して失礼な言動があったことから、「今回もさんまさん声優に対して失礼なんだな。そういうのがネタなんだろうけど、観てる側おもしろくないやつだから」「声優さんに対しての扱いが雑」「雑な絡みするならそもそも絡むな」「失礼なイジりするのどうにかなんないのかな」とのツイートがあった。

     「基本的に『さんま御殿』に声優が来た時は、代表作のキャラクターの声を出してもらうのが定番。そこでやり取りがあって、笑いを生み出すパターンが多いです。ファンとしては、もっと深掘りしてほしいようですが、さんまの考えとしては、ゴールデンの時間帯で老若男女観ている番組ですし、そのアニメを知らない視聴者も多くいる。サラッと声を出してもらって、笑いがあればOKとしているのでしょう。でも、それではファンが納得できない……。対応にも違和感が生まれてしまう。難しいところです」(芸能ライター)

     さんまが声優への対応を変えない限り、アニメファンの気持ちが離れるばかりだ。

      


    【元スレ】

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1638409040/0-
    【【悲報】声豚、明石家さんまにブチギレ】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:fyIQmN9j
    ラブライブの同じグループのメンバー同士が1番の仲良しであって欲しいんや

      


    【元スレ】

    http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1637588998/0- 【ラブライブ声優がラブライブ以外の声優とかと仲良くしてるのがイヤな奴wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ