オタク

    1: 名無し@まとめ ID:DvRQTc+b0
    高野 麻里佳
    @marika_0222
    趣味で開設したと明言していたインスタを閉鎖したら、煽りツイートやTwitterのパスワード変更メールなどが沢山届くようになりました。
    悲しい気持ちはお察ししますが、今一度、人に対して自分が何を送ろうとしているのか考えてから送ってほしいです。
    午後0:42 ・ 2021年11月26日・Twitter for iPhone

      


    【元スレ】

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1637916341/0-
    【【悲報】大人気ウマ娘声優、インスタ閉鎖するだけでキモオタから中傷される】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:MniCWVa6a
    けいおん!

      


    【元スレ】

    http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1637472693/0-
    【オタクに目覚めるきっかけになったアニメで年代がバレる】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:ZE+ZeO+J0
    エロゲーオタク「なに言ってるんだ!俺が色々選択して手に入れた彼女なんだ!」

    ワイ「違うよ。君が選択しても実際に行動してるのは主人公のキャラクターだよ。実際にその女キャラと会話してるのもエッチしてるのも主人公であって、君はその主人公の行動を覗き見ているにすぎない。君は主人公じゃないんだよ」

    エロゲーオタク「ぶひひひひぶひいいいい!!!!(発狂)」

    ワイ「あーあ、壊れちゃったw」

      


    【元スレ】

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1631419778/0-
    【エロゲーオタク「今日もゲームの中の彼女とエッチするんだw」ワイ「それ君の彼女じゃないよ」】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:86Q9fn7ea
    今のオタク「暴力女死ね」

    なぜなのか

      


    【元スレ】

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1635557495/0-
    【昔のオタク「ツンデレ美少女の暴力とかご褒美じゃん」】の続きを読む

    1: 名無し@まとめ ID:CAP
    ゲームショップで急に“オタク”に話しかけられて……。秋葉原で勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」「あれそうだったんだ…」と同様の体験談が寄せられるなど反響を呼んでいます。

    漫画家のカエルDXさんが秋葉原のゲームショップで遭遇したのは、

    「クロノトリガー名作ですよねぇ!!好きなんですかぁ!?」「今時間ありますか?どこかでゆっくり話でも…」

    と話しかけてくる、やたらとなれなれしい男性。まるで気の合う仲間を見つけたオタクのようですが……?

    とりあえずその場から適当に逃げたカエルDXさん。その後、秋葉原に数年住んでいた友人にこの出来事を話すと、「あ~それは…宗教勧誘っすね」「逃げて正解」と言われたそうです。オタクのふりをして近づいてくるとか怖い……。

    この出来事を漫画にして公開すると、リプライでも「自分も3回くらい経験ある」「漫画ショップやアニメイトにも出没しますね」など、話しかけてくる怪しい人や勧誘を受けたといった体験談が多く寄せられ話題に。

    彼らの主な特徴としては、自分のオタクトークはせずにこちらの情報を聞いてきたり、ファミレスに誘ってきたり、別の“オタク友だち”を呼ぼうとしてきたり……などがあるもよう。特に1人で秋葉原を巡るときは気をつけた方がよさそうです。

    ちなみにカエルDXさんは、旧友にマルチ勧誘された体験も漫画で投稿しています。どちらも怖いけれど、こちらの方がちょっぴり切ない……。

    漫画はカエルDXさんのブログでも公開中。カエルDXさんは『まんがタイムきららフォワード』で漫画『観音寺睡蓮の苦悩』を連載中で、2022年1月12日にはコミックス第3巻が発売予定です。

    ねとらぼ2021年11月16日 07時30分

    漫画
    no title

      


    【元スレ】

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1637103999/0-
    【店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響】の続きを読む

    このページのトップヘ